詐欺まがいな商法で高額な料金を利用者から騙し取っています。

詐欺事例

 

競馬の情報サイトで詐欺に遭ってしまった人

 

悪質な競馬情報サイトは予想の精度が低いだけではなく、詐欺まがいな商法で高額な料金を利用者からだまし取っています。

 

実際にあった詐欺事例集をご覧ください。

 

悪質サイトの手口とは?

 

 

お金を払ったら音信不通

小規模業者の利用時によくある事例です。

 

お金の支払いを済ませると業者は逃げて音信不通になってしまいます。最初の入金時点で逃げるところもあれば、とりあえず適当な予想を送って不的中だったら音信不通になるケースもあります。

ほかにも最初は安いプランで手厚くサポートして信用させてから高額な詐欺情報を売りつけて逃げる場合もあります。

 

基本的に、小規模業者やできたばかりのサイト、運営拠点の情報が怪しいところの利用は控えましょう。

 

 

 

返金保証詐欺

配信した予想が外れても返金保証をしてくれると聞けば信用できそうなものですが、この保証サービスを応用した詐欺も多数あります

 

まず競馬情報サイトが行う返金保証は全てポイントキャッシュバックでお金が戻ってくるわけではありません

 

競馬に絶対はないので、中身のある予想でも外れることがあるので、当たるまで追加ポイント不要で保証するといったもので優良サイトでよくあるサービスです。

 

詐欺サイトはこの保証制度を応用して詐欺をしています。

 

素人の予想でも大穴狙いでなければ的中することはよくあるので、当たるまでは保証で対応するけど情報料や馬券購入費用を回収できるパフォーマンスを得られずに終わったり、ユーザーが馬券購入資金が尽きて退場するのを待つケースもあります。

 

なかには5万円の情報で5万円分のポイント返還をしたけど、保証で付与されたポイントは10万円以上の予想でしか使えないなど、さらに課金が必要な仕組みになっていることもあります。

 

保証付きというだけで信用してはいけません。

 

 

 

詐欺相談会社とグル

悪質サイトに騙された人に対して、「競馬サイトの詐欺は返金できます」などといったスパムメールを送り、法律事務所や相談会社を装った新たな詐欺業者から連絡が来るケースもあります。

 

このようなタイミングよく来た返金相談のメールや電話、広告は最初に利用した悪質サイトとグルになっている業者のなりすまし詐欺なので注意しましょう。

 

返金請求できる事例なので、手付金を払って欲しいといってお金をだまし取ったり、証拠が必要なので口座やカードの情報を提出するように誘導されてフィッシング詐欺に遭う場合もあります。

 

もし悪質サイトに対して返金請求や訴訟をしたい場合は、スパムメールの業者ではなく、自分で調べた詐欺被害に強い法律事務所に相談しましょう